ベッカ・スティーヴンス&イーラン・メーラー/パレット・オン・ユア・フロアー

ベッカ・スティーヴンス&イーラン・メーラー/パレット・オン・ユア・フロアー
エーラ


2021.4.21.RELEASE

ベッカ・スティーヴンス&イーラン・メーラー
パレット・オン・ユア・フロアー
Becca Stevens & Elan Mehler / Pallet On Your Floor

RPOZ-10066
定価¥2,200(税抜価格¥2,000)

解説:高橋健太郎

Amazon 購入サイトHMV 購入サイトタワーレコード 購入サイト

PV「Make Me a Pallet on Your Floor」
《CLICK》エセル・ウォーターズの録音他でも知られる古いブルース。


配信のみでリリースされたベッカ・スティーヴンスのデュオ・プロジェクト新作が日本のみフィジカル・リリース。アメリカン・ミュージックの古層に同化したベッカの感動的なヴォーカルが迫ってくる傑作。

■ベッカ・スティーヴンス最新作は、旧友イーラン・メーラー(p)とのデュオ・アルバム。グレイト・アメリカン・ソングブック、フォーク、ブルースなどを取り上げた圧倒的かつ感動的な内容。ベッカの「歌」「声」がここまで全面に押し出された作品は珍しく、そこにビル・エヴァンスやポール・ブレイに影響を受けたイーランのピアノが美しく幻想的に調和する。

■イーランはNY在のピアニスト/作曲家で、フランスのアナログ専門レーベルNewvelle Recordsの共同設立者(2016~)。同レーベルはブルックリンでも活動しており、今回はレーベル初の配信アルバム。本作録音は2019年の9月で当初リリース予定はなかったが、あまりの素晴らしさに配信だけでもとリリースが決まった。フィジカル盤としては今回日本のみの発売。

■ベッカとイーランは、2009年にイーランのアルバム『The After Suite』で共演して以来の関係。このアルバムのアメリカ&ヨーロッパ・ツアーでの演奏、さらにイーランが住んでいたスイスでこのアルバムにも繋がる多くのレパートリーを二人で集中的にセッションし、そこでイーランがベッカのスタンダード解釈と声のレンジの広さに改めて驚嘆したことが本作アイデアの基となった。それから約10年経ち、Newvelle Recording Sessionsという企画がレーベル内で実現、その一環として二人の邂逅が実現した。

■冒頭曲はギリアン・ウェルチがパートナーのデヴィッド・ローリングスと二人で作った名作『Time:The Revelator』(2001)より。アルバム最終曲は多くのミュージシャンが様々なスタイルで取り上げているブルースだが、これもギリアン・ウェルチの『Soul Journey』(2003)で歌っていたヴァージョンを参考にしている。これらに挟まれて、ガーシュイン、エリントン、ジミー・ヴァン・ヒューゼン、ピーター・デローズといったグレイト・アメリカン・ソングブックを形成する作曲家たちのレパートリーが並ぶ。


  1. エルヴィス・プレスリー・ブルース
    (ギリアン・ウェルチ&デヴィッド・ローリングス)
    Elvis Presley Blues (Gillian Welch and David Rawlings)

  2. バット・ビューティフル
    (ジミー・ヴァン・ヒューゼン&ジョニー・バーク)
    But Beautiful (Jimmy Van Heusen and Johnny Burke)

  3. アイ・エイント・ガット・ナッシン・バット・ザ・ブルース
    (デューク・エリントン/ドン・ジョージ)
    I Ain’t Got Nothin’ But The Blues (Duke Ellington / Don George)

  4. アワ・ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ
    (ジョージ・ガーシュイン/アイラ・ガーシュイン)
    Our Love is Here to Stay (George Gershwin / Ira Gershwin)

  5. ディープ・パープル
    (ピーター・デローズ)
    Deep Purple (Peter DeRose)

  6. ジャスト・スクイーズ・ミー
    (デューク・エリントン&リー・ゲインズ)
    Just Squeeze Me (Duke Ellington and Lee Gaines)

  7. メイク・ミー・ア・パレット・オン・ユア・フロアー
    (Trad./ギリアン・ウェルチ&デヴィッド・ローリングス)
    Make Me a Pallet on Your Floor (Traditional; Gillian Welch and David Rawlings)

  8. 【日本盤ボーナス・トラック】
    アワ・ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ (テイク1ヴァージョン)
    (ジョージ・ガーシュイン/アイラ・ガーシュイン)
    Our Love Is Here To Stay – take 1 version (George Gershwin / Ira Gershwin)

ベッカ・スティーヴンス Becca Stevens(vocal)
イーラン・メーラー Elan Mehler(piano)

■2019年9月8日 NYCイースト・サイド・サウンド・スタジオ録音
■レコーディング&ミックス・エンジニア:マーク・ウルセリ
■マスタリング・エンジニア:アレックス・デターク (NYCバンカー・スタジオ)


NOW ON SALE
『ベッカ・スティーヴンス/ティー・バイ・シー』RPOZ-10008
『ベッカ・スティーヴンス/パーフェクト・アニマル』RPOZ-10005
『ベッカ・スティーヴンス/レジーナ』RPOZ-10030
『ベッカ・スティーヴンス/ワンダーブルーム』RPOZ-10055