類家心平 & 中嶋錠二 / Duo

類家心平 & 中嶋錠二/Duo
エーラ


2022.5.18.RELEASE

類家心平 & 中嶋錠二/Duo

Shinpei Ruike & George Nakajima / Duo

RPOL-10012
定価¥2,500(税抜価格¥2,273)

テキスト:類家心平

Amazon 購入サイトHMV 購入サイトタワーレコード 購入サイト

「Suiren」
Recording documentary Movie

「Duo」発売ツアー情報」
Schedule


トランペットとピアノだけで同郷の二人が生まれ故郷で描いた美しき音の結晶。A.C.ジョビン、フランシス・レイ、スピネッタ他のカバー曲が中心の、凛とした静寂の世界。

■フィールドを越えて活動するトランペッター類家心平が、自身のバンド「RS5pb」(Ruike Shinpei 5 piece band)他で演奏を共にするピアニスト中嶋錠二と録音した感動的なデュオ・アルバム。ゼロ年代のジャム・バンド・シーンから始まり、以降プログレッシヴでエフェクティヴなサウンド、ポストロック的な感覚もアルバム録音で数多く残している類家心平が、全編スロー・ナンバーを中心とした演奏によってネクスト・フェイズへと進んだ意欲作。今回の新作は、2014年に二人で発表した『N.40°』以来のデュオ作品となる。

■ほぼ毎日のようにライヴ活動をしてアルバム制作に大きな執着のなかった類家心平が、パンデミック禍で活動を制限された2020年、作品を残すことの意味や重要性を痛感。同時期に故郷・八戸の音楽的ベース基地でもある「saule branche shinchõ」からのオファーがあり、同郷の中嶋錠二とのデュオ企画が実現した。コロナ禍の影響で実家に帰省できない等生まれ故郷との距離感を感じていた状況下だけに、八戸人脈と共に故郷で録音するという代謝作用のような出来事によって二人の演奏は自由と深みのある陰影、艶を増している。

■カヴァー曲は、フレッド・ハーシュ他多くのミュージシャンが取り上げたポール・モチアンの名曲①、アルゼンチン・ロックを牽引したスピネッタがスピネッタ・ハーデ名義のラスト・アルバム「MADRE EN ANOS LUZ」で残した哀愁曲②、マイルス・デイヴィス『クールの誕生』から③、名作フランス映画『男と女』から④(邦題「愛は私たちより強く」)、アントニオ・カルロス・ジョビンが愛娘に捧げた名曲⑧、さらにスタンダード⑦⑪と美意識溢れる多彩なセレクト。オリジナル曲もRS5pbでもお馴染み、リチャード・ブローティガンの小説「愛のゆくえ」に出てくる女性ヴァイダをモチーフにした名曲⑨をはじめとした耽美的な世界ばかり。

■エッジーな表現の中に見え隠れしていた類家心平が持つ真のリリカルさが、このアコースティック・デュオでは露わになっている。フレイズの現代的なタイム感、圧巻ともいえるサブトーン、エアリーなミュート他数多くの極上スキルが各楽曲自体の世界と見事に同化。そして中嶋錠二は、トランペットとの距離感や緩急のデリケートさ、色彩感ある音色によって楽曲のイメージを大きく広げている。ジャズを起点に様々な活動の幅を広げていったからこそ、その多彩な蓄積がルーツであるジャズ表現の深みへと辿り着き、今後の展開にも繋がっていくような傑作盤。


  1. Blue Midnight (Paul Motian)

  2. Amarilla Flor (Luis Alberto Spinetta)

  3. Boplicity (Miles Davis & Gil Evans)

  4. Plus fort que nous (Pierre Barouh & Francis Lai)

  5. Ambergris (Shinpei Ruike)

  6. Dear (Shinpei Ruike)

  7. Bye Bye Blackbird (Mort Dixon / Ray Henderson)

  8. Luiza (Antônio Carlos Jobim)

  9. Vida (Shinpei Ruike)

  10. Suiren (Shin Araki)

  11. In A Sentimental Mood (Manny Kurtz / Duke Ellington)

 Shinpei Ruike (trumpet)
 George Nakajima (piano)

■Recorded at Nango Bunka Hall, Hachinohe August 26-27th, 2021
■Produced by Takushi Yoshikawa (Saule Branche Shinchõ)
■Recorded by Arikata Kubo
■Mixed by Michael Warren (Queen & Co.),
  Akihito Yoshikawa (STUDIO Dede)
■Mastering : Akihito Yoshikawa (STUDIO Dede)
■Cover & Jacket Graphic Design: YAM (Saule Branche Shinchõ)
■Production Coordinator: Yohji Takagi (CORE PORT)

*Directed by Saule Branche Shinchõ
*Zodiac Independent Recordings
*Music production by system conversion