ウォルター・スミス3世
トリオ

ウォルター・スミス3世 | トリオ

2018.2.7. RELEASE

ウォルター・スミス3世 | トリオ
WALTER SMITH III | TRIO

RPOZ-10039
定価2,400円 (+税) 

解説:柳樂光隆 (Jazz The New Chapter)

Amazon 購入サイトHMV 購入サイトタワーレコード 購入サイト


この10年間、常にシーンの先端にいるウォルター・スミス3世が、遂に念願のトリオ編成による最新アルバムを完成。スペシャル・ゲストとしてジョシュア・レッドマン(ts)、クリスチャン・マクブライド(b)が参加した強力盤。


■2006年のデビュー作以来、現代ジャズ・シーンのトップレベルで活躍しているミュージシャンたちと何度も共演を重ね、既に4枚のアルバムをリリース。さらに2013年にはクリスチャン・スコット(tp)、ジェラルド・クレイトン(p)、ローガン・リチャードソン(as)他とのスペシャル・プロジェクト「ネクスト・コレクティヴ」にも参加、まさにシーンの先端にして中心にい続けるサックス奏者ウォルター・スミス3世、待望の最新作。

■過去作はロバート・グラスパー、ジェイソン・モラン、テイラー・アイグスティ等のピアニストに加えてアンプローズ・アキンムシーレ(tp)、マシュー・スティーヴンス(g)などが参加していたが、デビュー時から自身が取り組みたかったトリオ編成によるオリジナル・アルバムがようやく実現。メンバーは旧知のハリシュ・ラジャン(b)とエリック・ハーランド(ds)。さらにスペシャル・ゲストには敬愛するジョシュア・レッドマン(ts)、クリスチャン・マクブライド(b)というビッグネームが参加。

■マシュー・スティーヴンスが入った前作『Still Casual』のティピカルな2010年代型ジャズの感覚を、ストレート・アヘッドな伝統的サウンドを纏いながら表現した力作。ウォルターが聴くことも演奏することも好きなスタンダード曲をシンプルに、オーヴァープレイにならないように演奏することに努めたという作品。現代アーティストが最新の演奏スキルで、伝統としっかり繋がっていることを証明した意義ある作品といえる。アルバム原題は「TWIO」で、これは「TRIO」の発音を半分ジョークと共に表したもの。


01. アスク・ミー・ナウ
  Ask Me Now (Thelonious Monk)

02. ノーバディ・エルス・バット・ミー
  Nobody Else But Me (Jerome Kern)

03. オン・ザ・トレイル
  On The Trail (Ferde Grofe)

04. ウイル・ビー・トゥゲザー・アゲイン
  We’ll Be Together Again (Carl Fischer)

05. アイル・ビー・シーイング・ユー
  I’ll Be Seeing You (Sammy Fain)

06. アダムズ・アップル
  Adam’s Applle (Wayne Shorter)

07. ザ・ピーコックス
  The Peacocks (James Rowles)

08. ソーシャル・コール
  Social Call (Gigi Gryce)

09. コントラファクト
 Contrafact (Walter Smith III)


■2017年録音
ウォルター・スミス3世 (ts)
ハリシュ・ラジャン(b) M-1,2,6,7
エリック・ハーランド(ds)
※スペシャル・ゲスト
  ジョシュア・レッドマン(ts) M-3,9
  クリスチャン・マクブライド(b) M-3,5,8,9


WALTER SMITH III (ts)
HARISH RAGHAVAN (b) M-1,2,6,7
ERIC HARLAND (ds)
Special Guests
 JOSHUA REDMAN (ts) M-3,9
 CHRISTIAN McBRIDE (b) M-3,5,8,9